Religion and Social Change, 1723-1921

Religion and Social Change, 1723-1921 は19世紀および20世紀における、宗教に関連する社会変化を記録した出版物のアーカイブです。 これには、奴隷制度の廃止、女性の権利、教会と国家の問題、宗教と科学、進化と教育にまつわる運動と議論が含まれます。 

お問い合わせ
header icon

製品概要

Archive

主題分野: 宗教 ・哲学
こんなお客様にお薦め: 大学・学術機関

タイトルリスト:
出版物別: Excel | HTML

収録内容:

  • 1,700以上のモノグラフ
  • 1723年から1921年までをカバー

収録分野(一例):

  • 奴隷制度の廃止
  • 女性の権利
  • 社会科学の出現
  • 教会と国家に関する問い
  • 宗教と科学
  • 進化論
  • 教育改革

Religion and Social Change は、Atla(アメリカ神学図書館協会)によって製作されたデータベースで、信仰に篤い宗教家から、19世紀の堅固な世俗主義の思想家まで、幅広い著者をカバーします。 著名なところでは、ジャン=ジャック・ルソー、エミール・デュルケム、セーレン・キェルケゴール、チャールズ・ダーウィン、ハリエット・ビーチャー・ストウ、イマヌエル・カント、ラルフ・ワルド・エマーソンなどが含まれます。啓蒙主義の合理主義とそれが生み出した運動は、この動的な変化の時代の間に、ほぼすべての宗教的な伝統と緊張した関係にありました。

Atla Monographs Collection (11 Series) に含まれるその他のテーマ別コレクション