EBSCO FOLIO

EBSCO FOLIO は、紙媒体/電子媒体のリソース管理を統合したオープンソースの図書館サービスプラットフォームです。中核的な図書館管理機能を搭載しており、また継続的なイノベーションを実現するための、最新のアーキテクチャに基づいて構築されています。サードパーティ製アプリケーションの統合にも対応しています。 EBSCO 、また世界各国のパートナーによる、FOLIO の実装・ホスティング・サポートが提供されています。

Image
Librarian on the phone while looking something up on the computer

EBSCO FOLIO LSP

EBSCO FOLIO は、サーキュレーション・目録作成・購入・電子リソース管理などの分野にまたがる、図書館管理の中核機能をサポートしています。 EBSCO FOLIO の機能は、各領域における様々なタスクを担うアプリによって構成されており、 このプラットフォームでは、より小型のモジュール式アプリを使用しているため、図書館は更新が容易になると共に、開発期間が短縮されるというメリットがあります。

また EBSCO FOLIO を導入頂いた図書館様は、付加価値の高い各種機能をご利用頂けます。 電子リソース管理・分析・利用統計レポート・ディスカバリー・書籍発注のための EBSCO Knowledge Base との統合を含みます。

EBSCO FOLIO を導入頂くことで、図書館様は EBSCO とそのパートナーから国際的な導入・ホスティングおよびサポートサービスを受けることができます。 当社には長年にわたって、図書館規模でのアプリケーションおよびサービス管理を行ってきた実績がございます。 EBSCO FOLIO では、オープンソースの実装に必要とされる、サポートのための人員や追加の技術担当職員を雇用する必要はありません。

Image
Close up of male hands on laptop keys

EBSCO FOLIO の特長

EBSCO FOLIO は、紙媒体の資料/電子リソース双方の管理を統合するとともに、中核となる図書館管理機能や、アーカイブや保存などサードパーティ製のアプリを提供しているほか、 使いやすい Web ベースのユーザーインターフェースを特長としています。 従って、EBSCO FOLIO は完全にオープンな API を提供します。

  • 契約・ライセンス・蔵書管理・発注・更新また EBSCO Knowledge Base との統合を含む Electronic Resources Management (ERM)
  • EBSCO Discovery Service との統合(パトロン機能のサポート、VuFind および Blacklight のサポート)と それによる OpenURL リンクリゾルバ Full Text Finder のサポート
  • フレキシブルな資金管理・発注・請求書発行・受け取り・カタログとの統合を含む資料の購入に関する諸機能
  • 目録管理と MARC の編集
  • 柔軟性の高いインポート/エクスポートツールによるリスト管理
  • 柔軟なメモとタグ付け
  • 授業や研修の予約機能
  • リクエストを含めた充実の、かつ柔軟なサーキュレーション機能
  • ユーザー管理
  • EBSCO Analytics とレポート
  • GOBI や EBSCONET との統合
Image
Close up of male hands on laptop keys
Image
Row of computers at library work station

業界標準

EBSCO FOLIO は、OAI-PMH、SIP2、NCIP、Unicode、Shibboleth サポートなどの業界標準に基づいています。 その他、Z39.50、ISO ILL(ISO 10160/10161)、INN-Reach、オフサイトストレージなどの規格や環境にも近い将来対応する予定です。

EBSCO FOLIO はオープンソースで開発され、Apache License 2.0 でライセンシングされています。

FOLIO の理念

lightbulb icon

Built for innovation

FOLIO プラットフォームは、オープンソースのマイクロサービスアーキテクチャを使用することで、異なる図書館・サービスプロバイダによるアプリの開発や機能強化を可能にしています。 図書館および/または図書館が選択したサードパーティの開発者は、既存のアプリに新しい機能または強化された機能を随時追加することができます。

clipboard checklist icon

Open throughout

FOLIO プラットフォームには相互運用性があり、外部機能をサポートする API を含んでいるため、図書館が現在使用している、また将来使用する可能性があるシステムやサービスをよりよくコントロールできます。 FOLIO の API は、図書館が選択したサービスプロバイダが利用できるようにオープンになっています。

hexagon icon

Community-based

FOLIO は、図書館員のための、そして図書館員によって開発されたオープンソースのプラットフォームとして、コミュニティベースで提供されています。 誰でも FOLIO に関する最新情報を入手したり、FOLIO の開発について意見を述べたり、Special Interest Group (SIG) に参加して機能的な専門知識を提供したり、開発に貢献したり、EBSCO と協力して EBSCO FOLIO に関するあらゆるニーズに対応したりと、自身が選択したレベルで FOLIO コミュニティに参加することができます。

Take the next step

導入をご検討中のお客様

EBSCO FOLIO のデモをご覧頂けます。

最新情報をご希望ですか?

EBSCO FOLIO newsletter を配信中です。